2017年6月2日金曜日

ビジネスビザにて免許切り替え

自分の運転免許証は3年半ほど前に、学生ビザの時に切り替えています。
古いシステムのラミネート免許です。

その時は、持っている免許の種類が対応していれば、すべて切り替えできました。
ただし、今はかなりの作業がコンピュータ化され、システムが変わってしまいました。
切り替えできる種類も一つのみ。

ビジネスビザ取得を期に、妻の免許をネパールのに切り替えました。
その備忘録です。

まず、大前提として、ネパールの免許がある場合は、その免許に外国の免許からの種類の追加はできません。
外国の免許からは一種類のみ、一度だけ切り替えができます。

まずは、日本大使館に行って、交通局に提出する運転免許証の英訳を作ってもらいます。
翌日受け取りで2040ルピーでした。

次に、交通局に提出する書類を準備します。

大使館の免許証の英語翻訳のオリジナル
パスポートのオリジナルとコピー
最新のビザのコピー
日本の免許証のオリジナルとコピー
ノンオブジェクトレター無いよレター
カンパニーレジストレーションのコピー
パンナンバーレジストレーションのコピー
インダストリーレジストレーションのコピー
配偶者の場合は婚姻届の日本大使館の英訳のコピー

たしか、スタディビザの場合は、会社関係の資料の代わりに、学校の許可の手紙、十分なバンクステートメントのコピーが必要なはず。
観光ビザでは不可ですので、長期ビザとれたらすぐに切り替えましょう。

バクマティの交通局はエカンタクナのリングロード沿いにあります。

真ん中のビルの前にある外のほったて小屋で切手(ティコット)10ルピーを買う。

真ん中のビルの3階に行く。
9番の部屋で、transferのフォームをもらう。
それに、切手と写真を貼る
さらに、必要事項を書いて、どの免許を移すか説明する。
必要書類とパスポート、日本の免許証も添えて出す。
今は一種類しかできない。
フォームに説明を書いてもらう。

10の部屋で、資料のチェックとサイン。

11の部屋で、サインのみもらう。

13の部屋でコンピュータ入力と指紋、サインの登録、Webカメラでの写真撮影。

右のビルの前のゲートの小屋でメディカルのチケットかう50ルピー。

右の建物の裏の12番でメディカルチェック。

真ん中の建物の左側の2番のカウンターで登録料を払う500ルピー。
領収書と書類を持つ。

13番の部屋に行ってパソコン処理。

2番の部屋に行って1500ルピーのライセンスフィーを払う。
領収書と書類を持つ。

最後に、9番に行って書類を提出して終わり。

領収書が免許証の代わりになります。
約三か月後に出来上がるので、また自分で取りにくる。

問題なければ、二時間で終わります。
ネパール人と話してやりあう能力があれば(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿