2018年5月13日日曜日

ネパール語が伝わらないあなたへ

ネパール語、それは日本人にとって、まぎれもない外国語です。
みなさん勉強して、話せるようになって、相手と会話しておられることでしょう。

ネパール語を学んで使っていくと、多くの人が二つの問題にぶつかります。
・相手が何を言っているのか、さっぱり分からない
・自分の言っていることが、まったく伝わらない

この前者は、慣れの問題ですので、時間がたたないとどうにもなりません。
近道は、ネパール人とひたすら会話することです。
あなたのことを良く知る仲のいい人でなく、その他一般のネパール人との会話です。
ただ、自分が口から発することのできないものは、聞いても理解できません。
これが、後者と深く関係しています。

あなたはきっと長い間ネパール語を勉強して、必死で練習してこられたことでしょう。

文法も単語も問題ない。
自分で思った事、言いたいことを正しく話している。
にも関わらず、相手は理解してくれない。

なんて事ありませんか?

次の点に注意を払いましょう。
1.休止
2.リズム
3.発音
4.声量
5.はったり力

まず、休止です。
どの言語においてもそうですが、同じ単語の並びでも、休止を入れるところがズレていると、意味が間違って理解されることがあります。
文章のどこで区切るのか、どの語群を続けて読むべきなのか、これに注意を払ってください。
簡単な練習法は文章を書いてネパール人の友人に発音してもらいます。
どこで切っているかをよく確認して、同じように休止を入れましょう。
発音がそれなりに適当でも、外国人に接し慣れている人は、あなたの話を理解しやすくなります。

次に、リズムです。
イントネーションとスピードとも言い換えられます。
あなたが話すネパール語、それはカタカナを読み上げているだけかもしれません。
文章の語群のどの部分をどんなスピードで呼んでいるのか、できる限りコピーしましょう。
音の高低差はどうですか?
ネパール人がしゃべると、高い音低い音が入り混じっているのに、あなたがしゃべると音もスピードも一定になっていることはありませんか?
そうであれば、それはもうネパールで言う外国語です。
日本で日本語を話す外国人が正しい文章を話していても、私たちに伝わりにくいのもそれが原因であることが多いです。
とにかく不自然なわけです。
ネパール人が話すリズムをコピーしてください。

もちろん、発音も大事です。
これは、耳が良いか、またそれを再現できるかによるので、人によって大差があります。
しかし、同じ「カ」でも、有気音、無気音は使い分けていますか?
同じ「タ」でも、巻き舌を使い分けていますか?
同じ「ナ」でも、舌の位置、鼻音使い分けていますか?
ネパール人と同じレベルとはいかなくても、あなたの話し方の中では区別をつける必要があります。
時間はかかりますが、常に意識して話すことで、少しずつですが上達することはできます。
ぜひ、がんばってください。

忘れがちなのが、声量です。
日本人は特に自信がなくなると声が小さくなります。
ネパール人は耳が悪い人が多いので、大きな声ではっきりしゃべりましょう。
相手が聞き取れないのは、単に声が小さいだけだからかもしれません。
複数人がしゃべるときも、声の大きい人が勝ちます。
大きな声で、場をコントロールしましょう。
そして、自信がなくても疑問文以外は語尾を上げないことを忘れずに。

最後に大切なのが、はったり力。
そう、はったりです。
ベラベラと止まることなく話し、「え?何?あなた理解できないの、おかしいんじゃない?」くらいの気合で話します。
そうすると、「ぉ、ぉぅ。分かるとも。」という感じで、相手は文章から読み取ろうと努力します。
ネパール人は負けを認めるのが嫌いで、恥ずかしいことも嫌いです。
ですから、優位に立つことで、相手は負けじと努力をするのです。
こちらが、ガンガン行けば相手もついてきます。
強気で行きましょう。
不安感を決して見せてはいけません。
まぁ、はったりと言えばはったりなのですが、これ意外と有効です。

どうでしたか?
あなたはどこが足りていませんか?
この5つ、いや、1つでも当てはめたら、あなたのネパール語は伝わるようになるかも!?
ちなみに、これはネパール語力ではなく、ネパール会話力です。
会話力がなければ、ネパールで生きていくことはできません。
どんなにきれいなネパール語を話しても、文法が完璧でも、会話力がなければ使い物になりません。

ぜひ、使えるネパール語を!

銀行口座の情報更新が必要になっています!

最近、ネパールでの法律が変わったのか、銀行口座を持っているすべての人に関して、情報の更新が義務付けられているようです。
私の個人口座はヒマラヤンバンクですので、その情報を元にお伝えします。
他の銀行でも必要になったと言われるところも、ちらほら出てきているようです。

まず、この更新をしないとどうなるかというと、銀行口座が凍結されます。
どうも家賃収入を含め、各世帯の収入を管理しようというのが、裏にあるようです。
ネパール人もID(住民カード、免許証など)と、水か電気という公共料金の領収証の提出を求められています。
ここ2カ月ほど前から始まった動きで、銀行内は全個人口座に対して行っているようで、ものすごい混んでいます。
ただ、書類さえそろっていれば30分もかかりませんので、ご安心ください。

ちなみに、この家賃収入というのは、今までものすごい不透明でした。
店子が大家さんに毎月月初に先月分を手渡しするというのが普通です。
外国人の場合は先払いをする方も多いですが。。。
そして、口約束で2年更新で10パーセントずつ上がるというものでした。
しかし、これではいくらもらっているか、税金を決めることができません。
それで、ナガルパリカ(行政自治区)単位ですべての店子とリースアグリーメント(賃貸契約書)を交わし、その10%と税金として納めよというものだそうです。
そのため、多くの大家さんは「安く書かしてね」とか「作りたくない」とか言っているようです。

さて、義務付けられたこの書類をまず、自分で作る必要があります。
書くべき情報は以下の様な感じで、あまり簡単なものだと銀行で書き直せと言われます。
賃貸契約の住所、大家の情報、借りる部屋の詳細(何部屋、何階フラットなど)、契約開始日、契約期間、契約更新について、賃貸料、その他契約事項、大家と店子の住所氏名と手書きサイン、できればパスポートの番号など
2通作成し、大家と店子で一つずつ保管します。
この書類を作るのが第一段階です。

では、必要書類を見ていきましょう。

・KYC Update Form(銀行でもらえますが、ダウンロード後印刷してもOK)
・パスポートのコピー
・最新のビザのコピー
・住んでいる家の電気代のビル(領収書)のコピー
・リースアグリーメントのコピー
・パスポートそのもの

KYC Update Fromは、ジョイントアカウント(連盟口座)の場合は、それぞれが1枚ずつ書く必要があります。
また、裏の書名欄の下に左右の親指の拇印も必要です。
そのため、関係者全員で行くのが早く済みます。
大家さんの住所、名前、電話番号の情報も必要です。
ネパールでは慣習として、祖父母、両親、配偶者の名前を書きますので、思い出しておきましょう。
あと、家族のIDなどは提出しなくてもOKで、書けと言われても存在しないといえばOKです。

また、コピーした用紙類には自筆のサインを行います。
ビルやリースアグリーメントはメインの人のサインのみでOKです。
もし、提出されていなければ、大家さんのナガリクタ(住民票)のコピー、土地権利証明書のコピーを求められることもあります。
が、通常口座作成時に提出しているはずなので、基本的には不要だと思います。

電気代のビルは細長いいくら使ったかや料金が書いてあるレシートみたいなのではなく、
電気代を払いに行った後、もらう領収証の方です。

そして、既存の口座情報のファイルと内容を確認して、問題なければ完了です。
ちなみに、この作業があるため、恐らく口座を開いた支店でしか作業できないものと思われます。

銀行ではとにかく人々は順番を守りません。
ですから、サービスカウンターで一番偉そうなで、処理能力の高そうな人を捕まえて処理してもらいましょう。
通常、パソコン操作している人が偉い人の様です。
他人の作業中だとか関係なく、書類を手元に差し出して、早く作業するようにお願いしましょう。

ちなみに、書類を重ねると、下から取らずに、上に載っているものから処理する人が多いので、周りの人に書類を重ねられたら、要注意です。

銀行によって、いろいろ違うかと思いますが、基本的にはこんな感じのはずです。
恐らく、今は新しく口座を開く人にも同じものが求められると思います。

ヒマラヤンバンクのKYC Update From

では、健闘を祈ります。

2017年7月25日火曜日

ネパール語レッスンの勧め

ネパール語は日本ではほぼ使いません。
ネパール人と日々接する人ならともかく、日本ですから皆さん日本語を話そうと頑張ります。
ということは、ネパールにいないとネパール語をあまり使わないという事になります。

ネパール語の上達を目指すあなた。
ぜひ使ってください。
というか、ネパール語を習ってください。

言語学的に、新しい言語を学んでいる場合脳は3日以上開けると忘れていきます。
つまり、少なくとも、週に1度から2度はレッスンを受けるなり、勉強するなりして、新しい言語を入れる必要があるのです。
これが、新しい言語を学ぶポイントです。
そして、発音も耳と口が忘れないように、定期的に実践しなければなりません。

今年の春にネパールに会社を設立しました。
そこで、現在ネパール語のレッスンを行っています。

とある、ネパールの虎の巻にも最近掲載をお願いしたのですが、ネパリンガルレッスンといいます。
詳しくは、個人的にお問い合わせください。
英語であれば、自社ホームページからもご覧いただけます。
Transit Language and Computer Training Pvt.Ltd.
そのうち日本語化しようかと思います。

このブログから問い合わせていただいてもOKですし、上記ホームページからも問い合わせていただけます。

日本語または英語でネパール語を教えます。
初級、中級までを対象としており、正しいネパール語をモットーにしています。
できましたら、ネパール人講師のために、英語で学んでいただきたいのです。

お値段は、同業者と比べて恐ろしく低価格です。
比べてください。
新規参入のキャンペーン価格とでもお考え下さい。

お近くにネパール語を学びたい人がいればぜひお知らせください。

2017年6月2日金曜日

ビジネスビザにて免許切り替え

自分の運転免許証は3年半ほど前に、学生ビザの時に切り替えています。
古いシステムのラミネート免許です。

その時は、持っている免許の種類が対応していれば、すべて切り替えできました。
ただし、今はかなりの作業がコンピュータ化され、システムが変わってしまいました。
切り替えできる種類も一つのみ。

ビジネスビザ取得を期に、妻の免許をネパールのに切り替えました。
その備忘録です。

まず、大前提として、ネパールの免許がある場合は、その免許に外国の免許からの種類の追加はできません。
外国の免許からは一種類のみ、一度だけ切り替えができます。

まずは、日本大使館に行って、交通局に提出する運転免許証の英訳を作ってもらいます。
翌日受け取りで2040ルピーでした。

次に、交通局に提出する書類を準備します。

大使館の免許証の英語翻訳のオリジナル
パスポートのオリジナルとコピー
最新のビザのコピー
日本の免許証のオリジナルとコピー
ノンオブジェクトレター無いよレター
カンパニーレジストレーションのコピー
パンナンバーレジストレーションのコピー
インダストリーレジストレーションのコピー
配偶者の場合は婚姻届の日本大使館の英訳のコピー

たしか、スタディビザの場合は、会社関係の資料の代わりに、学校の許可の手紙、十分なバンクステートメントのコピーが必要なはず。
観光ビザでは不可ですので、長期ビザとれたらすぐに切り替えましょう。

バクマティの交通局はエカンタクナのリングロード沿いにあります。

真ん中のビルの前にある外のほったて小屋で切手(ティコット)10ルピーを買う。

真ん中のビルの3階に行く。
9番の部屋で、transferのフォームをもらう。
それに、切手と写真を貼る
さらに、必要事項を書いて、どの免許を移すか説明する。
必要書類とパスポート、日本の免許証も添えて出す。
今は一種類しかできない。
フォームに説明を書いてもらう。

10の部屋で、資料のチェックとサイン。

11の部屋で、サインのみもらう。

13の部屋でコンピュータ入力と指紋、サインの登録、Webカメラでの写真撮影。

右のビルの前のゲートの小屋でメディカルのチケットかう50ルピー。

右の建物の裏の12番でメディカルチェック。

真ん中の建物の左側の2番のカウンターで登録料を払う500ルピー。
領収書と書類を持つ。

13番の部屋に行ってパソコン処理。

2番の部屋に行って1500ルピーのライセンスフィーを払う。
領収書と書類を持つ。

最後に、9番に行って書類を提出して終わり。

領収書が免許証の代わりになります。
約三か月後に出来上がるので、また自分で取りにくる。

問題なければ、二時間で終わります。
ネパール人と話してやりあう能力があれば(笑)

2017年6月1日木曜日

ネパール語が上達しないあなたへ

ネパール語だけでなく、英語や他の外国語もそうですが、時間のわりに自分は上達しないと思っているあなた。
それは日本人の勉強の仕方です。
恐らく。。。

勉強はできるのに、言語はなぜか上達しない。
自分では書いたり、読んだりできるのに、こと会話になると先に進めない。

それは、実践方法に問題があるかもしれません。

母国語は右脳で動きますが、第二言語からは左脳で動くと言われています。
ですから、母国語以外はトレーニングをして、脳を活性化しなければいけません。

勉強をして、単語や文法を学びんでも、会話をしなければそれはただの翻訳です。
自分の頭の中で完結しているのです。

会話になると、普段使っていない耳から、聞きなれない雑音がやって来て、
さらにそれを脳で翻訳し、口から馴れない発音をするわけです。
ものすごいプレッシャーで、脳はうまく働きません。

また、聞き取りに関しても、自分で発音できない音は、脳がアルファベットに分解できないので、雑音のように聞こえます。

まずは、発音できる必要があるのです。

ここで、役に立つのが、シャドウイングというトレーニングです。
聞いたものを、そのまま発音するというものです。
聞く音声は止めずに、発音し続けます。

これで、リテンションという通訳で使う、一時記憶が発達します。
記憶するのと、引き出すのを別々に行うのです。
今発音していることは、いったいどういう単語、文章かと理解することも必要です。
半年くらい続けると、左脳が発達し、発音している外国語が聞き取れるようになってきます。

また、外国語学習は三日あけると忘れるので、週に二、三度行うといいでしょう。
最初は意味が分からなくても、続けていくと良いですか。

ドラマとか映画でもok

騙されたと思って、やってみてください。

2017年5月10日水曜日

常識では考えられないネパール

現在ネパールで会社を起こすために動いているのですが、大変なことになっています。

このネパールの常識では考えられないことがたくさん起こります。

普段は1ヶ月で会社の登録からビジネスビザの取得まで終わります。
私は2月末に開始したのですが、まだ取得できていません。
すでに二ヶ月半経ちました。
一体何が起きているのか?

まず、法律が変わりました。

産業省で、いままで申請ごとに逐次審査していたのが、2週間に一回になりました。
処理が煩雑になって大変だったとか。
今まで、4人のオフィサーのサインをもらい、その後管理官のサインをもらうという流れでした。
業者はいろんな場所を回らないといけないので大変ですが、努力次第でうまくいってました。
今は、書類を申請すると二週に一度四人のオフィサーの会議があり、そこで審査がされます。
通れば、管理官のサインもらい終わり。
ただし、法律が変わって面倒なのか、ゆっくりお茶を飲みながら仕事をします。
時間が来ましたので会議は終わり、はいまた二週間後…
こんな事が行われ一ヶ月待たされました。

それまでも、今は法律が変わってすぐにできないとか延々待たされました。

そして、今は選挙です。
ネパール始まって以来の、一斉選挙。
郡、市、行政区、区のそれぞれで一番偉い人、その下で副官になる人数人を選びます。

そのため、一ヶ月前からネパール中お祭り状態。
政府としては選挙の3日前から休みにすると発表。
その前日は祝日なので、4日前から町は止まります。
お役所はもちろん、お店、銀行など食べ物や以外はほぼすべて。
そこら中で道一杯に広がり政治決起集会。
幹線道路の工事は途中で止まり、そこら中で大渋滞。

それだけなら、普通のネパールです。

問題は、お役人さん。
役所は開いています。
停電で電気がなくパソコンが動かないから、仕事はせずにお茶を飲む。
ていうか、カトマンズの無停電が始まるまで置いてた発電機とインバーターはどうした?
人は働いていても、オフィサーたちがいない。
なぜかというと、偉い人を選挙に勝たせないと、自分の立場が危うくなるから。

なので、どこもかしこも承認のサイン待ちの書類が山積み。
オフィサーいないと役所の意味ないのでは?

先日も、タライ地方の民族が選挙に参加がゆるされてなくて、参加させないとインドからガソリンを輸入させないと道を封鎖して、問題になっていました。
日本と違って、供給が止まると翌日から不足するのがネパールです。
ガソスタは大渋滞。

ちなみに、うちは最後のサインがもらえず、選挙終了までお預け状態です。

観光ビザの期限が近づいてるので、これでビザがとれなければ今年は引き上げかも。

イミグレでは、外国人や業者がいろいろもめてます。
いつまでに取れるって言ったじゃないかとか、
あとサインだけだから、何とかしてくれとか。
チヤカルチャといわれる袖の下を駆使すると何とでもなるネパールですが、この時期ばっかりは何ともならないみたいです。
だって、オフィサー居ないんだもん。

問題だらけのネパール、普段はこういう光景を見ても楽しめるのですが、やはり時々嫌いになります(笑)
すべては時間と予定通りにはいきません。
予定の三倍くらい余裕を見るのがふさわしいかと思います。

みなさんもお気をつけて。

2017年3月24日金曜日

SLCとSEE

ネパールの教育システムが変わります。
ビクラム歴2073年から刷新です。

以前は、10年間の標準教育でした。
それを修了するために、SLCという試験がありました。
これをパスしないとまともな仕事につけない、短大や大学教育を受けられない、パスポートが取れないなど、色々問題がありました。

実際、SLCの結果は昔は通ったか落ちたかでした。
しかし、最近はABCDの評価により入れる学校が決まるようになっていました。
そのため、とても重要視されていました。

ただ、ネパールも他の国に合わせるためかプラスツーといって、SLC後に2年カレッジに行くのが主流になってきていました。
それで、SLCのみだと教育が足りないとみなされていました。

が、今年から以前のSLCはSEEとなり、12年の標準教育に換わりました。
日本やアメリカと同じですね。
でも、子供たちがもっと大変になるのでは…( ̄▽ ̄;)

ちなみに、
SLCはSchool Leaving Certificate
そして、
SEEはSecondary Education Examination
の略称です。

今までのSLCはSEEと同じです。
子持ちの方や、子供と会話するときの話題になりますので、ぜひ覚えておきたいですね。